ピル値段/安価でも正しく飲めば安心の避妊効果を実感できます。

ピル値段

 

ピルの値段はピンキリですね。いえ、正しくない言い方をした気がします。正しく言えばピルの値段は変わりません。

 

変わってくるのは、処方してもらうまでの金額の方です。産婦人科医でのピルの処方は保険の適用外の為全額自己負担の自由診療の域になります。

 

全額自己負担と聞くと幾ら請求されるか不安になりますよね?参考までに述べますと最近の平均金額は3千円前後という調査結果が出てますが。それでも医師の匙(さじ)加減で金額は変わってきます。

 

 

医療機関受診を経て処方してもらう時にはピルの値段の事も含めて事前に電話での問い合わせをしておくと安心ですね。

 

けれど、自分の身を守る為に常備したい薬を処方して貰うために高い検査を強いられるのは考え物ですよね。

 

大丈夫!そんな人の為に通販も有ります。参考までにアップしておきます。

 

アイピルとノルレボが主流になってると思いますのでこの二種類についてまとめました。

 

アイピル

 

性交後72時間以内に1回1.5mg服用して下さい。

 

服用後の吐き気対策として、食後の服用をお薦めします。

 

アイピル服用後3時間以内に吐いてしまった場合、効果が期待できない

 

可能性がありますので医師にご相談下さい。

 

ノルレボ

 

72時間以内に(理想は48時間以内)、1錠目を飲んだら2錠目を、その

 

12時間後に服用します。

 

ピル服用後2時間以内に嘔吐した場合再度1錠を服用します。

 

まず「アイピル」について改めて説明しないとならないのですが

 

これ等は緊急避妊を一番の目的としてる為にレボノルゲストレルという成分の黄体ホルモン剤の配合が多くなっており吐き気等の副作用の度合いが強くなってます。

 

また肝機能障害がある方など、服用に充分な注意が必要になりますし、長期の服用も出来ません。

 

そして万が一既に、その前に妊娠が成立していた場合は胎児には影響は有りませんが母体には大きな負担になりますので、心当たりがある場合は、まず妊娠検査を済ませましょう。妊娠していればピルの服用は不要です。

 

続いて「ノルレボ」について説明します。こちらも妊婦さんには適しません。母体に負担が掛かるだけでなく、胎児にも悪い影響を及ぼす為です。

 

 

胎児に出るという悪影響というのは次の通りです。

 

男性胎児の場合は女性化し、女性胎児の場合は外性器男性化するという報告があります。

 

因みに説明されなくても判ってる!と言われそうですが。

 

身体に負担の少ない低用量ピルも有り、こちらのピルの値段も緊急避妊用ピルと同じくらいです。

 

敷居が高くて受診に抵抗があるのは、同じ女性としてよく判りますが

 

 

自分の身を守る為にも、緊急避妊用ピルと産婦人科受診は大きな砦になると思います。自分の身を守る精一杯の努力をしましょう。

 

最後に自身を救うのは、女性、一人一人の、そういう強い意識と心構えだと私は考えてます。

 

ピルの値段の捉え方は人それぞれですが女性の大きな砦になる事は確実です

 

低用量ピル

 
皆さん、既にご存知と思いますが、ピルには幾つか種類が有ります。

基本、望まない妊娠を予防するという効果は変わらないのですが。

ホルモン剤の含有量により、副作用などの不快感の出方が、やはり当然ながら違ってきますね。

同じ女性として体に負担の少ない・且つ生理痛の軽減等の副効用を期待できるという点からも

低用量ピルを、やはりお勧めですね。緊急避妊用ピルは一回勝負?です。

長期間の服用には適さないですし、確実な避妊を第一目的としてる為、黄体ホルモンの含有量が低用量ピルに比べて多く入ってるので吐き気などの副作用が出やすくなってます。

当面、妊娠を望まないと、お考えなら、緩やかに穏やかに低用量ピルで排卵・子宮内膜の状態をコントロールして妊娠しにくい身体を作っていく事が大事だと思います。

因みに、服用に当たり、多くの方が懸念してるであろう低用量ピルと発がん性等の関連性も無いとされるという研究結果も出てるそうなので、その点は安心して良いでしょう。

ところで低用量ピルには21日タイプと28日タイプがありますね。しかし、効果は全く同じなんですね。私もピルを使い始めるまで知りませんでしたが。

21日目以降の薬は、偽薬なんですよ。何のための偽薬なのさ?って思い、早速調べたところ。服用習慣の維持の効果があるらしいですね。



一週間休んで次の週の服用となると。私も経験があるんですが、今が薬を休んで何日目か判らなくなったりした経験があるんですよね。


因みに、自然の流れの中、やっぱり子供が欲しいと思ったら服用を中止した後、3か月ほどで普通の生理の周期に戻るとされてます。

最後に一つ!重要な事。低用量ピルの第1週目は、まだ妊娠の確率が有りますので望まない方はコンドーム等で確実な避妊に努めましょう。

身体に優しい低用量ピルの服用を検討してる方は詳細を確認しましょう
 

ピル飲み方

 
皆さん、だいたいピルの入手方法等、周知して頂けたと思います。

けれど実際、では、いざピルを飲みましょう!って時に結構

ピルの飲み方に対して多くの疑問があるのでは無いでしょうか?



例えば、飲み忘れたらどうしよう等。此処ではよくある疑問質問・不測の事態の対応などを挙げて行きたいと思います。

長い間飲み続けて大丈夫?
全く問題ありません
お酒を飲んでも大丈夫?
避妊効果には影響はありません。
但し薬が吸収される前に飲みすぎて
吐いてしまうと避妊効果が弱まる事があります

一緒に服用してはいけない薬は?
市販薬・塗り薬等の外用薬については併用しても心配要りません。
但し下剤については、心配なら4時間以上空けて服用してください。
また、サプリ等の中では、セントジョーンズ・ワート含有
食品はピルの吸収が悪くなる恐れがあるので注意しましょう。

病院で処方される薬に関しては抗痙攣薬・バルビツール酸誘導体
(睡眠薬の一種)ある種の抗生物質・免疫抑制剤等の薬物相互作用が報告されており、いずれも医師によって処方される特殊な薬です。

予め低用量ピルを服用してる事を、しっかり伝えておきましょう。

もし飲み忘れたら?
気付いたらすぐに服用しましょう。そして、その日の分も しっかり服用しましょう。もしも、2日以上、続けて飲み忘れたら他の避妊方法を使いましょう。
次の生理開始日から新しいシートを飲み始めます
薬を多く服用してしまいましたが大丈夫ですか?
1日2錠服用してしまっても体に害はありません。
また、今日2錠飲んでも、翌日からも通常通り決めてある時間に
正しい用量を服用してください。量の加減等はしないでください。


ピルの飲み方もよく判り、疑問・不安が解消したら、こちらから選びましょう
 

ピル飲み忘れ

 

低用量ピルを飲み忘れたらあなたならどうしますか?

 

 

前回のページでも書いてあったように飲み忘れに気が付くのが早ければ早いほどいいのですがなかなそういうふうにはいかない場合もあります。

 

24時間以内でしたらぜんぜん問題ありませんので早目の対処方法をしてくださいね!!
24時間以内に気が付いたらすぐに忘れた分の錠剤と今日飲む錠剤を服用します。

 

ようするに翌日の朝、2錠の錠剤を服用するということです。
間違って3錠服用しないようにしましょう!!

 

●ピルの錠剤は1シート21日タイプの錠剤と28日タイプの錠剤があります。

 

皆さんはもう低用量ピルのことをご存知だと思いますが知らない人のためにもう少しわかりやすくお話しします。

 

1シート21錠タイプのものは21日間続けて毎日飲みますが21日間飲み続けた後、7日間休みます。

 

この21錠タイプの薬はうかり飲み忘れることもあるので注意が必要です。

 

かなり忘れっぽい人は28日タイプの錠剤を服用するようにしましょう!!

 

28日タイプは21日分の錠剤と7日分のプラセボ(偽薬)を服用するため飲み忘れが防ぐことができます。
そして新たにまた最初から飲み始めます。

 

では「プラセボとは何ですか?」

 

プラセボとは偽薬といってホルモンが入った錠剤のカプセルです。28日間服用することによって28日分飲んだことにするものです。

 

21日分ホルモンが入った錠剤を服用した後、7日間はホルモンが入ってない錠剤を服用することによって飲み忘れが防げるということです。

 

薬を止めたい場合もプラセボを使用して服用をストップするという形にするわけです。

 

なんとなくプラセボのことわかったでしょうか?

 

皆さんもホルモンのバランスが悪くなって体に不調を感じたり、月経困難症や月経不順、ニキビや吹き出物など低用量ピルをどうしても服用しなければならない時はピルを服用してくださいね!!
ピル飲み忘れにご用心!!